基本理念

青年会議所は活動の基本を「修練」「奉仕」「友情」におき、会員は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理想としています。また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。JC運動の主体は常に 「地域」です。私たちも、自らが暮らすそれぞれの地域から、国を考え、世界を見つめ活動を展開しております。

JCIクリード

We Believe;
That faith in God gives meaning and purpose to human life;
That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men;
That earth's great treasure lies in human personality ;
and That service to humanity is the best work of life.

我々はかく信じる:
信仰は人生に意義と目的を与え
人類の同胞愛は国家の主催を超越し
正しい経済の発展は 自由経済社会を通じて最もよく達成され
政治は人によって左右されず法によって 運営されるべきものであり
人間の個性はこの世の至宝であり
人類への奉仕が人生最善の仕事である。

JCI MISSION(使命)

To provide development opportunities
that empower young people to create positive change.

青年が積極的な変革を創造し開拓するために、
能動的に活動できる機会を提供する。

JCI VISION

To be the leading global network of young active citizens

青年の行動的市民活動を支援する
国際的なネットワークを持つ先導的機関となる。

JC三信条

1. 個人の修練 |Training
2. 社会への奉仕|Service
3. 世界との友情|Friendship

『三信条』は、1950年5月1日に、現在の日本青年会議所の全身であるJC懇談会の中で、JC運動の行動綱領としてこの三信条が採択されました。翌1951年日本JC創立総会(東京)にて定款に「三信条」を掲げました。この三信条の意は、JC運動とは、若い人々が集まって自己啓発・修錬を行なう場であり、培われた力を用いて地域社会にサービス(奉仕)する事である。そして、そのトレーニング・サービスを支える力として、会員全員、同士を貫くフレンドシップ(友情)がある。というものです。

JC宣言

日本の青年会議所は混沌という未知の可能性を切り拓き個人の自立性と社会の公共性が 生き生きと協和する確かな時代を築くために 率先して行動することを宣言する

JC綱領

われわれJAYCEEは
社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
志を同じうする者 相集い 力を合わせ
青年としての英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築き上げよう